ブログ

最新のお知らせ


2023年1月24日 : 太る癖~生活編
「食事の癖」に引き続き、今回は「生活の癖」です。

1.近くのコンビニでも車で行く
2.階段より断然エスカレーター派
3.電車やバスで空席をみつけるのが得意
4.家では物が何でも手の届く範囲に置いてある
5.頂き物は断れない
6.空腹の時間帯に買い物に行くことが多い
7.夜更かし型
8.食後のテーブルをすぐに片付けない
9.歯磨きは朝と夜のみ
10.お風呂よりシャワー派
11.休日はあまり出かけない
12.太ったかな-と思うと体重計を避ける
13.大体いつも同じような服装が多い

まず1.~4.はズバリ「運動不足」ですよね。
無理に時間を作ってハードな運動をする必要はないですが、せめて日常の生活をちょっとでも「やせる人」の行動パターンに変えていきましょう。

 5.~9.はついつい「食べ過ぎ」を招くパターンです。
頂き物は断らなくてもいいですが、食べる時に、「半分っこしない?」と言えればあなたも上級者です。
空腹時のお買い物は避けましょう。つい買い過ぎてしまいます。

 7.と8.はどうしてもダラダラ食いになってしまいます。
そこでとても有効な方法が「歯磨き」もしくは「口臭予防のスプレー」です。
「食べたら磨く」の癖をつけてみて下さい。
どこかでリズムを区切ることが必要なのです。

 10.と11.は「体内の循環不良」に関わってきます。
「お風呂に入る」「からだを動かす」というような行為により、体内の血管やリンパ管の流れが良くなります。
シャワーから湯船に浸かるように変えたことで1週間に体脂肪が2%減ったという方もいらっしゃいます。

 12.は思い当たる方が多いのではないでしょうか!
現実を見なくなったら体重はどんどん増えます!
ショックを受けるということも立派な「ダイエット」です!!
出来れば脱衣所に大きな鏡を置いて、お風呂上りは常に、前後だけでなく横からの自分の姿もチェックしましょう!

 13.はいつも同じような服装では誰もあなたの変化に気づきません。
あなた自身も気づかないかもしれません。
そこで勇気を出して ちょっとタイトなシルエットのものに変えてみませんか?
体脂肪1%の減少で大体おなかまわりが1cm減ります。
それはほんのささやかな変化なので今までと同じ服を着ていたのでは、誰も気づいてくれません。
でも、思い切って今まで履けなかったパンツとかスカートを履いてみるのです。
あなたの印象がガラッと変わるはずです!
まわりから「あら、少しやせた?」なんて言われれば、あなたのダイエット効果は加速度を増していくはずです!


あなたの生活サイクルはきちんと、「やせパターン」になっていますか?

2023年1月23日 : 生理不順・生理痛の原因
毎月の生理は血液浄化作用のひとつです。
生理時の痛みは冷えて血行が悪くなっているのが原因です。


おなかをしっかり温めて、汚れた血をどんどん排出しましょう。
ほとんどの女性はおへそから上は温かくても、おへそから下はひんやり冷たい冷え性です。


冷えるというのは血行が悪いということで
血行が悪いということは
卵巣や子宮へ十分な栄養や酸素、水が行き渡らず、臓器の機能が低下してしまうということです。


黄土よもぎ蒸しでしっかり温めていきましょう。

生理不順や生理痛の原因は冷えからです。
温めれば 腹痛や腰痛、頭痛、イライラなど不快な症状も解消しますよ。



#冷え性改善#体質改善したい#デトックスダイエット#健康管理#女性起業家支援#温活グッズ#妊活サポート#若返り効果#生活習慣病予防#腸活アドバイザー#温活女子#ダイエットのモチベーション#本気で?せたい#若返りたい#冷え取り靴下#関目高殿#夢みるよもぎ蒸し関目店#耳ツボダイエット
2023年1月17日 : あなたはどんなタイプの冷え性??

私は冷え性が改善できたので、冬が以前よりも過ごしやすくなったように思います。
冷え性でお悩みの方には自力で熱を作り出せる体になっていただきたい!!。
今日は大きく4つに分けることができる冷えのタイプについてお伝えしていきます。
あなたはどのタイプ??

【四肢末端型】
手足の先から冷えやすく同時に肩こりや頭痛を感じやすい四肢末端型冷え性は、10~20代の女性の中でもやせ型の方や無理なダイエットをしている女性に多く見られます。
食事量が不足すると、体を温める熱を作り出すエネルギーが足りないため、手足の末端まで血液が行き渡らなくなってしまいます。
また、普段汗をかかない方は四肢末端型のケースが多いです。

【下半身型】
上半身に汗をかきやすく、腰から下が冷えやすい下半身型は30代以降の男女によく見られます。
デスクワークなどで長時間座った状態では、下半身の筋肉を動かさないので足の血液の巡りが滞ってしまい、下半身の冷えを引き起こすことになります。
一方で上半身には血液が巡り顔がほてりやすいのも特徴です。
運動不足で下半身の筋肉が少ない場合も下半身型冷え性が考えられます。

【内臓型】
「隠れ冷え性」とも呼ばれる内臓型は30代以降の女性に多く見られます。
手足や体の表面は温かいのにお腹が冷えやすい、全身に汗をかきがち(汗で冷えやすい)、厚着をしても冷えを感じる、お腹の張りを感じやすい、寒い所で下腹部、太もも、二の腕が冷えやすいなどの特徴があり、ぽっちゃり体型の方、食欲旺盛な方もこのタイプが多いと言われています。
手足や身体の表面に冷えを感じにくいので、自覚できないことが多く、内臓が冷え続けると、内臓機能悪化の原因になるため注意が必要です。
体を冷やす飲食物を摂取しがちな方、ストレスで自律神経が乱れている、過去に腹部の手術をしたことがあり血流が悪くなっている方などは注意しましょう。

【全身型】
常に体温が低く季節を問わず寒さを感じるタイプで、若者や高齢者に多く、自覚していないケースもよく見られます。慢性的にだるいという症状が見られることがあり、そのままにしておくと身体の機能低下につながるため注意しましょう。
原因としては、栄養バランスが悪い、不摂生な生活などによる基礎代謝の低下、服用薬の影響などがあります。

この4つのタイプ以外にも
【混合型】
手足の先と下半身のどちらも冷えてしまう方、四肢末端型と下半身型、両方の対策を摂りましょう。

【ほてり型】
ほてりは冷え性と無関係に思えるかもしれませんが、下半身型や内臓型に「全身(又は上半身)に汗をかきやすい」という症状があるように、冷え性によるケースもあるのです。
また、ほてり型は四肢末端型や内臓型の症状が進行したもので、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れが原因であるとも言われています。

あてはまるタイプはありましたか?
タイプによって改善策が違うので自分はどのタイプにあてはまるのか考えてみましょう。
冷え性の改善策について、お気軽にご相談ください。
今日もお風呂に浸かってゆっくりじんわりと体を温めてお休みくださいね。



#冷え性#デトックス#黄土よもぎ蒸し#耳つぼダイエット#末端冷え性#お腹が冷えている#更年期障害#自律神経の乱れ#セルライト除去#ハイフ#ハイパーナイフ#美肌#体質改善#体温が低い#基礎代謝アップ#ジムに通ったけど痩せなかった#体の錆び#NOLEEYN#関目高殿#関目成育##

2023年1月16日 : 太る癖~食事編~
「太る」という現象には「共通の癖」があります。
この「太る癖」に、はまるとなかなか体重は落ちないのです。
ご自身でチェックしてみてください。

「太る癖」は
1. 「食事の癖」 
2. 「生活の癖」  
3. 「考え方の癖」 に分類されます。

今回は「食事の癖」についてです。

1.朝ご飯を抜きがち
2.休日にドカ食いをすることが多い
3.バイキングなど食べ放題のお店を良く利用する
4.20分以内に食べ終わっていることが多い
5.家の中や会社のデスクに「お菓子の場所」がある
6.冷蔵庫や棚の中に常に食品が充実している
7.TVや雑誌を見ながら食事することが多い
8.家の中のいろんなところで物を食べる
9.夕飯のあとにフルーツやお菓子を食べることが多い
10.ラーメン、うどんなど麺類は汁まで飲む
11.味付けの濃い物が好き

まず1.の癖がある方はほとんどと言っていいほど「便秘」になります。
いきなりたくさんは食べられないかもしれませんが、少しずつでも朝食は摂りましょう。
それだけで便秘が解消するケースも多いです。
必ず3食、なるべく決まった時間帯に食べましょう。
からだに「やせるリズム」が出来てきます。

次に2.~9.はいわゆる「ドカ食い」「早食い」「ながら食い」です。
こういうパターンは概して、忙しい人に多いのですが「今食べとかないと…!」みたいな脅迫概念があるのか、
常に食べ物が目に付くところに置いてあるようです。
そうすると、自分でも無意識のうちに口に入れてしまっている・・・という恐ろしいことになります。
また、満腹指令が脳みそから出るのにおよそ15~20分かかるため、
それまでの間にかきこんだ物は、いくら食べても満腹感を感じないのです。噛む回数を増やしただけで体重が落ちた人も少なくありません。

あと10.と11.は塩分&糖分の摂り過ぎです。
「糖分」はもちろん「塩分」も、ついついご飯を増やしてしまうことになったり、むくみの原因になったりするので要注意です!少しずつでも「薄味」に変えていくことをおすすめします。

食習慣の問題点を改善することは本当にたいへんだと思います。
でも、「食」と「からだ」はもっとも切れない関係です。

気付いたところから始めてみましょう。


#健康ダイエット#体質改善サロン#デトックスダイエット#ダイエット情報#本気のダイエット#本気で痩せたい#50代ダイエット#60代ダイエット#40代からのダイエット#生活習慣病予防#セルライトケア#自宅開業#起業したい女子#エステ開業#若返りたい#関目高殿#NOLEEYN#耳つぼダイエット#?身カウンセラー資格取得

2023年1月14日 : 心の冷え
体が冷えることによって、心まで冷えてしまう人がいます。

肉体的な<冷え>からうつ病になってしまったり、精神的に不安定な状態になってしまうこともあります。
冷えはストレスの原因にもなります。

不快感や緊張は交感神経を優位にし、血管が収縮して血流が悪くなると冷えを感じます。
呼吸も浅くなり、身体の脳も休まらず、メンタルのトラブルに繋がります。

これがいわゆる心の冷えです。

よもぎ蒸しは、心と体を緩めてくれる絶好のアイテムです。
入っているだけで多幸感も得られます。

年末年始の慌ただしい時間が過ぎ、日常生活が戻ってきた頃・・・
是非よもぎ蒸しでゆっくりしにいらしてください。






#冷え性改善#体質改善したい#デトックスダイエット#健康管理#女性起業家支援#温活グッズ#妊活サポート#若返り効果#生活習慣病予防#腸活アドバイザー#温活女子#ダイエットのモチベーション#本気で?せたい#若返りたい#冷え取り靴下#関目高殿#夢みるよもぎ蒸し関目店#耳ツボダイエット