あなたはどんなタイプの冷え性??


私は冷え性が改善できたので、冬が以前よりも過ごしやすくなったように思います。
冷え性でお悩みの方には自力で熱を作り出せる体になっていただきたい!!。
今日は大きく4つに分けることができる冷えのタイプについてお伝えしていきます。
あなたはどのタイプ??

【四肢末端型】
手足の先から冷えやすく同時に肩こりや頭痛を感じやすい四肢末端型冷え性は、10~20代の女性の中でもやせ型の方や無理なダイエットをしている女性に多く見られます。
食事量が不足すると、体を温める熱を作り出すエネルギーが足りないため、手足の末端まで血液が行き渡らなくなってしまいます。また、普段汗をかかない方は四肢末端型のケースが多いです。

【下半身型】
上半身に汗をかきやすく、腰から下が冷えやすい下半身型は30代以降の男女によく見られます。デスクワークなどで長時間座った状態では、下半身の筋肉を動かさないので足の血液の巡りが滞ってしまい、下半身の冷えを引き起こすことになります。一方で上半身には血液が巡り顔がほてりやすいのも特徴です。運動不足で下半身の筋肉が少ない場合も下半身型冷え性が考えられます。

【内臓型】
「隠れ冷え性」とも呼ばれる内臓型は30代以降の女性に多く見られます。手足や体の表面は温かいのにお腹が冷えやすい、全身に汗をかきがち(汗で冷えやすい)、厚着をしても冷えを感じる、お腹の張りを感じやすい、寒い所で下腹部、太もも、二の腕が冷えやすいなどの特徴があり、ぽっちゃり体型の方、食欲旺盛な方もこのタイプが多いと言われています。手足や身体の表面に冷えを感じにくいので、自覚できないことが多く、内臓が冷え続けると、内臓機能悪化の原因になるため注意が必要です。
体を冷やす飲食物を摂取しがちな方、ストレスで自律神経が乱れている、過去に腹部の手術をしたことがあり血流が悪くなっている方などは注意しましょう。

【全身型】
常に体温が低く季節を問わず寒さを感じるタイプで、若者や高齢者に多く、自覚していないケースもよく見られます。慢性的にだるいという症状が見られることがあり、そのままにしておくと身体の機能低下につながるため注意しましょう。原因としては、栄養バランスが悪い、不摂生な生活などによる基礎代謝の低下、服用薬の影響などがあります。
この4つのタイプ以外にも
【混合型】
手足の先と下半身のどちらも冷えてしまう方、四肢末端型と下半身型、両方の対策を摂りましょう。

【ほてり型】
ほてりは冷え性と無関係に思えるかもしれませんが、下半身型や内臓型に「全身(又は上半身)に汗をかきやすい」という症状があるように、冷え性によるケースもあるのです。
また、ほてり型は四肢末端型や内臓型の症状が進行したもので、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れが原因であるとも言われています。

あてはまるタイプはありましたか?
タイプによって改善策が違うので自分はどのタイプにあてはまるのか考えてみましょう。
次回は冷え性の改善策についてお伝えしたいと思います。
今日もお風呂に浸かってゆっくりじんわりと体を温めてお休みくださいね。



#冷え性#デトックス#黄土よもぎ蒸し#耳つぼダイエット#末端冷え性#お腹が冷えている#更年期障害#自律神経の乱れ#セルライト除去#ハイフ#ハイパーナイフ#美肌#体質改善#体温が低い#基礎代謝アップ#ジムに通ったけど痩せなかった#体の錆び#NOLEEYN#関目高殿#関目成育##

2020年12月11日